平成27年3月
「子どもたちを取り巻くネット利活用の課題」を発行

学校や企業等さまざまな場面でネットに触れる機会が広まる昨今、インターネットに関わる事件・事故が多発しております。
子どもたちを取り巻くケータイ・スマホ・インターネット等に対しても、国や地方公共団体がいろいろな施策を打ち出し、学校教育の場においても指導が行われております。本フォーラムにおいても、サイバー犯罪やネット上でのいじめから子どもたちを守り、子どもたちの安全・安心を確保するために、緊急な課題として、家庭や学校、行政、地域と連携し、啓発普及に取り組んでおります。
教育レポート この度、学校教育現場における児童・生徒指導に資することができればと、教育レポート「子どもたちを取り巻くネット利活用の課題」を作成いたしました。作成にあたり、本フォーラムの活動にご支援・ご協力いただいている教育関係者、広域的な啓発普及に取り組まれている団体関係者、行政機関の職員、ネット関連事業者の方々から寄稿いただきました。
なお、このレポートは神奈川県内1,600余校の小学校・中学校・高等学校に配布しております。
目 次
情報活用能力を高めるために
・横浜市立大鳥中学校 学校長 水木尚充氏
『情報モラル』授業実践報告
  〜鎌倉女学院中学校・高等学校から〜
・鎌倉女学院中学校・高等学校 教諭 佐藤正二氏
子どものネット利活用と法律
・情報セキュリティ大学院大学学長補佐・教授 湯淺墾道氏
子供達が安心・安全なネット利用のための「e−ネットキャラバン」
・一般財団法人マルチメディア振興センター
プロジェクト企画部 担当課長 野本和宏氏
子どもたちを取り巻くネット利活用の問題
  想定外のトラブルとは、そして護身術とは
・一般財団法人インターネット協会主幹研究員 大久保貴世氏
少年育成課の活動紹介
・神奈川県警察本部少年育成課
無理なくしっかりと子どもを守るためのフィルタリングの基礎知識
・デジタルアーツ株式会社 経営企画部
コンシューマ課 担当課長 工藤陽介氏
「次代を担う子どもたちの
  「生きていく力=学ぶ力」を育むために」
・株式会社ミクシィ MS本部 CS推進部
     渉外グループ 井上真由美氏
LINEの安心安全対策と子どもへの啓発活動について
・LINE株式会社 政策企画室 高橋誠氏
「子どもたちを取り巻くネット利活用の課題
  −さまざまな啓発の取り組み−」
・情報セキュリティ主任監査人 CISSP 松本照吾氏

平成24年度のレポートはこちらへ
▲上へ  
Copyright©2016.NPO ISEF All rights Reserved.