ISEF 特定非営利活動法人
NPO情報セキュリティフォーラム


情報セキュリティトピックセミナー
『量子計算と公開鍵暗号』

内容: 昨今、グーグルの取り組みなどで話題の量子コンピュータですが、量子コンピュータが本格的に実用化されると、現在の標準公開鍵暗号であるRSA暗号は解かれてしまいます。アメリカ国立標準技術研究所(NIST)は、いよいよ耐量子暗号(量子コンピュータが実用化されても安全な暗号)の標準化に乗り出しました。
このセミナーではなぜRSA暗号が量子コンピュータによって解かれてしまうのか、また耐量子暗号としてどのような暗号が期待されているか、紹介します。
開催日程: 平成28年7月7日(木) 18:30〜20:30(開場:18:00)
講師: 情報セキュリティ大学院大学
   情報セキュリティ研究科 教授 有田正剛
   (http://www.iisec.ac.jp/education/professors/arita.html)
会場: 情報セキュリティ大学院大学 3階 303教室
 横浜市神奈川区鶴屋町2−14−1 地図
 (横浜駅きた西口徒歩1分)
定員: 40名(先着順)
参加費: 無料
実施主体: 情報セキュリティ大学院大学
特定非営利活動法人NPO情報セキュリティフォーラム
参加申込・
問合せ先:
氏名、所属団体企業名を、電子メールまたはFAXでご連絡下さい。

NPO情報セキュリティフォーラム 事務局(担当:廣瀬)
TEL:045-311-8777   FAX:045-311-8747
メール:isef@isef.or.jp


--------------------(7月7日開催) セミナー参加申込書--------------------
申込先 E-Mail:isef@isef.or.jp
・氏名(ふりがな):
・所属団体企業名:

本参加申込書に記載された個人情報は、本セミナー開催目的以外で使用することはありません。




トップページ

Copyright©2016.NPO ISEF All rights Reserved.