教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
コンピュータウイルス関係



生徒によるコンピュータウイルス感染4

高等学校での事例
【被害状況】
  • 生徒が自宅で利用しているノートパソコンがコンピュータウイルスに感染し、どのように対処すればよいか情報担当教員へ相談してきた。
  • 情報の授業では、ウイルス対策として、ウイルス対策ソフトの導入や定義ファイルの更新について指導を行うが、感染した場合の対処法などは時間的な制約もあり指導はしていない。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒からの相談により判明した。
  • 発生日時:平成16年
  • 発見日:平成16年
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:相談があった2〜3日後
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    感染した生徒のパソコンがノートパソコンだったので、学校にパソコンを持参させ、放課後に生徒と一緒にウイルスの駆除やOSの再インストール作業を行った。
【今後の対策と効果】
  • 時間的な制約もあり、ウイルス駆除やOSの再インストール作業などを学校の授業で実施することは難しい。現状では、生徒から相談に対し個別で対応する方法しかない。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.