教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
コンピュータウイルス関係



生徒によるコンピュータウイルス感染1

中学校での事例
【被害状況】
  • パソコン部に所属する生徒が持参したフロッピーディスクがコンピュータウイルスに感染しており、部活動時に利用していたパソコンがウイルスに感染した。
  • 部活動時の出来事だったため、利用しているパソコンが少なく、他のパソコンへの感染は防ぐことができた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のパソコン環境
  • 教育委員会が管理・運営しているネットワークに参加している。
校内のパソコン利用状況や利用形態
  • 一般生徒の利用は授業時のみとしている。
  • パソコン部の生徒は、部活動時にパソコンを利用することができる。
【発見の経緯】
  • 発見方法:教育委員会より学校に連絡が入り判明した。
  • 発生日時:平成16年
  • 発見日:教育委員会から連絡を受けた当日
  • 事実確認:教育委員会の連絡を受け、パソコン部の生徒から直接事実確認をとった。
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:教育委員会から連絡を受けた当日
  • 対応担当者:パソコン部顧問
  • 対応方法:
    教育委員会から連絡を受けたパソコン部の顧問が、生徒に直接話を聞き、事実の確認を行った。
    ウイルス対策ソフトは導入されていたが常駐する設定になっていなかったため、持参したフロッピーディスクを利用した際に学校のパソコンにウイルスが感染した。
    ウイルス対策ソフトを常駐する設定に変更するとともに、生徒に対しては持参したフロッピーディスク等のメディアを利用する際は、必ずウイルススキャンを実施してから利用するよう指導した。あわせて、自宅のパソコンにウイルス対策ソフトを導入するように助言を行った。
【今後の対策と効果】
  • その後、フロッピーディスクやUSBメモリ等の持込みメディアによるウイルス感染は発生していない。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.