教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
コンピュータウイルス関係



教員によるコンピュータウイルス感染6

高等学校での事例
【被害状況】
  • 教員が職員室内のパソコンでコンピュータウイルスに感染した電子メールを開こうとしたところ、利用しているパソコンが停止し、利用できない状態になった。
  • 参加している教育委員会ネットワークのウイルス対策ソフトが作動し、ウイルス感染メールの配信を停止させた。
  • ウイルス感染メールは配信されなかったので、学校内のパソコンへのウイルス感染は防ぐことができた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のパソコン環境
  • 教育委員会が管理・運営しているネットワークに参加している。
校内のパソコンの利用状況や利用形態
  • 職員は職員室内のパソコンを利用してインターネットを利用できる。
校内のセキュリティ対策
  • ウイルス対策ソフトを導入している。
【発見の経緯】
  • 発見方法:教育委員会からの連絡により判明した。
  • 発生日時:平成17年2月
  • 発見日:平成17年2月
  • 事実確認:
【被害への対応】
ウイルスへの対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    参加している教育委員会ネットワークで、ウイルスに感染したメールを開こうとした時点で、クライアントパソコンへの配信を停止させたため、ウイルス感染は防げた。
    教育委員会からの連絡を情報担当教員が受け、操作をしていた教員に確認を行った。
【今後の対策と効果】
  • 教育委員会ネットワークへの移行時期であり、ウイルスなどのトラブル発生を心配していたが、ネットワークを経由するウイルスを未然に防ぐことが確認できた。システム的な面は整いつつあるが、今回のケースでもわかるように、教員の意識レベルを高めていくことが課題である。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.