教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
コンピュータウイルス関係



教員によるコンピュータウイルス感染1

小学校での事例
【被害状況】
  • ウイルス対策ソフトを導入している職員室のパソコンすべてがコンピュータウイルスに感染した。
  • ネットワークを経由して外部に感染は拡大していないが、教員の自宅パソコンにウイルスが二次感染した。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のパソコン環境
  • 職員室のパソコンはLAN環境が整備されており、インターネットの利用も可能である。
校内のパソコン利用状況や利用形態
  • 教職員はパソコンを自由に利用できる。
校内のセキュリティ対策
  • ウイルス対策ソフトを導入している。
【発見の経緯】
  • 発見方法:
    パソコンの動作が不安定だったため、導入しているウイルス対策ソフトでウイルススキャンを実施して判明した。
  • 発生日時:平成16年
  • 発見日:平成16年
  • 事実確認:
【被害への対応】
教職員への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:パソコン管理担当教員
  • 対応方法:
    ウイルスに感染したすべてのパソコンのウイルスを駆除するため、OSから再インストールを実施した。
    ウイルス対策ソフトを導入していたにもかかわらずウイルス感染したのは、リアルタイムでウイルスから保護する設定にしていなかったためで、すぐに設定を変更した。
    教員の自宅パソコンに感染が拡大していたので、念のため、自宅にあるパソコンと学校で利用するすべてのフロッピーディスクやMOなどのメディアをウイルススキャンするように注意した。
【今後の対策と効果】
  • 対策を実施して以降、ウイルス感染の報告はない。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.