教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
学校備品の盗難関係



学校備品の盗難

高等学校での事例
【被害状況】
  • 生徒がパソコン教室のノートパソコンを盗みだそうとした。パソコン教室で授業時に先生が他の生徒を対応しているすきにパソコン教室の教師用ノートパソコンを盗もうとしていた。幸いなことに、学校外に持ち出される前に発見したので、未遂で済んだ。
  • 耐震工事の関係でパソコン教室は施錠せず、出入りが自由にできる状況だったため、パソコン教室のデスクップパソコンが盗まれた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:教員が発見した。
  • 発生日時:平成16年10月
  • 発見日:平成16年10月
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:発見したその日
  • 対応担当者:生活指導担当教員
  • 対応方法:
    パソコンを盗み出そうとした生徒には、個別指導を実施した。
物理的な対応
  • 対応日:未遂事件発生から1ヶ月
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    パソコン教室に設置しているノートパソコンすべてにワイヤーロックを導入し、盗難防止措置を講じた。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.