教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
サーバ関係



無停電電源装置の故障によるサーバのダウン

高等学校での事例
【被害状況】
  • パソコン教室のサーバに設置されている無停電電源装置(UPS)が故障し、サーバがダウンし、ネットワークが一時的に利用できなくなった。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のパソコン環境
  • 校内LANが導入されている。
校内のパソコン利用状況や利用形態
  • 授業で作成したファイルは、教員の指示で、サーバ上に保存する。
【発見の経緯】
  • 発見方法:授業中にパソコン教室内のパソコンが次々にロックしたため判明した。
  • 発生日時:平成16年9月頃
  • 発見日:平成16年9月頃
  • 事実確認:平成16年9月頃
【被害への対応】
停止したサーバへの対応
  • 対応日:サーバがダウンした当日
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    サーバの電源をUPSから切り離し、直接コンセントから電源を確保した。
【今後の対策と効果】
  • 今後、UPSを新しいものに交換する予定。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved./