< 教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集 − ネットワーク関係 −

教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
ネットワーク関係



ネットワークケーブルの配線ミス

高等学校での事例
【被害状況】
  • ネットワークシステムの移行期に校内のLAN配線を業者に委託したところ、生徒が利用するパソコン教室からインターネットの利用ができなくなってしまった。パソコンの設定に問題はなかったのでネットワークシステムの管理元と連絡をとり配線図を確認したところ、業者が敷設したLAN配線にミスがあることが判明した。
  • ネットワークシステムの移行期で授業は実施していなかったため、インターネットが利用できないことによる実害は発生していない。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:
    インターネットが利用できなかったので、事務室に保管してある配線図を利用し、教員が校内を確認して配線ミスが判明した。
  • 発生日時:平成17年
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
配線ミスへの対応
  • 対応日:平成17年
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    配線ミスを確認したので、県への教育委員会ネットワーク接続については、県の方でサーバの設定を現状に合致した設定に変更し、配線業者には正しい配線図を作成し、直させた。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.