教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
ネットワーク関係



物理的なLANケーブルのショート

高等学校での事例
【被害状況】
  • 休み時間になるとネットワークがつながらなくなるため、調査したところ床下に通しているLANケーブルがフロアユニットの足に踏まれていたため、その上を人が通るとショートして通信ができなくなっていた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒からの申し出を教員が確認。
  • 発生日時:平成16年6月頃
  • 発見日:平成16年6月頃
  • 事実確認:平成16年6月頃
【被害への対応】
LANケーブルへの対応
  • 対応日:被害発生日
  • 対応担当者:担当教員
  • 対応方法:
    教員がLANケーブルを交換し、フロアユニットの足に踏まれないように配線しなおした。
【今後の対策と効果】
  • 授業中に生徒に対して、本件を紹介しソフトの不都合だけでなく、単純なハードの障害でネットワーク障害が起こることを説明した。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.