教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



振り込め詐欺1

高等学校での事例
【被害状況】
  • 同時期に、複数の男性教員の自宅に振り込め詐欺と思われる電話があった。いずれの電話も、電車内での痴漢行為に関する内容で、示談金を要求する電話であった。
  • 振り込め詐欺と思われる電話を受けた自宅から学校に連絡があり、教職員の所在を確認できたので、金銭的な被害はなかった。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:教員の自宅からの連絡により判明した。
  • 発生日時:平成16年
  • 発見日:平成16年
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:
  • 対応方法:
    同時期に男性教員を対象とし同じ手口(電車内での痴漢行為)の電話が自宅にかかっていたので、全教員に対して、振り込め詐欺の被害に遭わないよう注意喚起を行った。
    今回の件では、同時期に複数の男性教員に連絡があり、学校内の情報等がもれている可能性も考えられたので、これまで以上に適切な情報管理を行うよう、教員一人一人の意識の向上を再認識した。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.