教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



公開電子メールアドレスへの大量の迷惑メール3

高等学校での事例
【被害状況】
  • Webサイトに公開している電子メールアドレスに、迷惑メールが届くようになった。迷惑メールの中にはコンピュータウイルスに感染しているメールもあった。
  • 公開している電子メールアドレスは、中学校からの問い合わせや地域住民からの情報提供に利用されており、迷惑メールとの判別に時間がかかってしまう。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のセキュリティ対策
  • サーバにはウイルス対策ソフトが導入されている。
【発見の経緯】
  • 発見方法:Webサイトを管理している教員の申し出により判明した。
  • 発生日時:
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
迷惑メールへの対応
  • 対応日:迷惑メールが届く都度
  • 対応担当者:Webサイト管理教員
  • 対応方法:
    毎朝、学校代表の電子メールアドレスに届いている電子メールを確認し、不要なメールはWebサイト管理教員がその都度削除している。
【今後の対策と効果】
  • 現在、ネットワークシステムを移行したため、迷惑メールは届いていない。
  • 中学校からの問い合わせや地域住民からの情報提供に利用されているので、電子メールは公開を継続していく。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.