教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



携帯電話へのチェーンメールや架空請求メール

高等学校での事例
【被害状況】
  • 多くの生徒が携帯電話を保有しており、生徒同士で携帯電話のメールでコミュニケーションをとっている。
  • 以前はチェーンメールや架空請求メールなどのメールに関するトラブルの相談があったが、最近は携帯電話でメールを扱う機会が増えているにもかかわらず相談がほとんどないので生徒の状況がつかめていない。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒からの相談件数が減少傾向にあるため。
  • 発生日時:
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    相談件数の減少は日常的に携帯電話でメールを扱うことが多くなり、知人からのメール以外は削除するなど、生徒が情報の取捨選択を行うようになったことが要因と考えている。
    一方で、友人と常にメールで連絡を取り合っていないと不安になる生徒も多く、生徒の状況を把握し、かつ携帯電話依存へ対応することが今後の課題である。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.