教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



生徒同士での脅迫メール

高等学校での事例
【被害状況】
  • 携帯電話の電子メールを利用して、複数の生徒が特定の生徒に金品を要求する脅迫メールを送っていた。
  • 脅迫メールを受け取っていた生徒は、金品の要求には応じなった。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:脅迫されていた生徒の保護者が事実関係を学校に連絡して判明した。
  • 発生日時:平成17年1月
  • 発見日:平成17年2月
  • 事実確認:平成17年2月
【被害への対応】
脅迫をした生徒への対応
  • 対応日:平成17年2月
  • 対応担当者:生活指導担当教員
  • 対応方法:
    事実関係を確認し、個別指導を実施した。
    複数の生徒を個別指導する際には、生徒同士が携帯電話を利用して口裏あわせを行うので、生徒の携帯電話を教員に提出させてから個別指導を実施している。
【今後の対策と効果】
  • 授業で電子メールの扱いについては指導を行っているが、適切に電子メールを利用するように指導を徹底していく。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.