教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



携帯電話を利用した架空の料金請求メール2

高等学校での事例
【被害状況】
  • 携帯電話の通称ワンギリ対して携帯電話操作を誤ってしまいコールバックをしてしまったところ、数日後に3万円を請求する電子メールが届いた。不安になり教員に相談してきた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒からの相談。
  • 発生日時:
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:
  • 対応方法:
    請求額の振込みをしていないため、実害はないものの、この手の請求をする電子メールは無視することを伝えたうえで、適切な対応として情報が多く集まる市役所の消費者相談の連絡先を教えた。
【今後の対策と効果】
  • 当フォーラム事務局よりNTTドコモなど携帯電話会社のWebサイトで最新の情報が手に入ること、また神奈川県警ハイテク犯罪センターが相談窓口としてあることも伝えた。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.