教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



携帯電話を利用した架空の料金請求メール1

高等学校での事例
【被害状況】
  • 生徒の携帯電話に、料金の架空請求メールが頻繁に届くようになった。
  • 料金の架空請求メールが届いた生徒は、ダイレクトメールで送られてきた出会い系サイトのWebを閲覧した経験があったので、料金の架空請求メールが届いてどう対処するべきか悩んでいた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
 
【発見の経緯】
  • 発見方法:架空請求メールが頻繁に届くようになった生徒から相談があり判明した。
  • 発生日時:平成16年6月頃
  • 発見日:平成16年6月頃
  • 事実確認:平成16年6月頃
【被害への対応】
相談をしてきた生徒への対応
  • 対応日:平成16年6月頃
  • 対応担当者:相談を受けた教員(情報担当教員)
  • 対応方法:
    料金の架空請求に応じる必要はないことを伝えた。そのうえで、頻繁にメールが届いて不安になるようであれば、電子メールアドレスを変更するよう指導した。メールアドレスを変更してからは料金の架空請求メールは届いていない。
【今後の対策と効果】
  • 授業の中で、架空請求メールが届いた際には対応しないことを取り入れることとした。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.