教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



チェーンメール6

高等学校での事例
【被害状況】
  • 特定の生徒の校内での様子を携帯電話のカメラで撮影をし、撮影した画像とともに誹謗・中傷のコメントをつけて同級生の携帯電話にメールを作成し送信した。その後、そのメールが生徒間でチェーンメール化した。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒から相談により判明した。
  • 発生日時:平成16年
  • 発見日:平成16年
  • 事実確認:
【被害への対応】
チェーンメールへの対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    チェーンメール化したメールが生徒個人の携帯電話に送信されるので、誹謗・中傷された本人やメールをやり取りしている生徒からの申し出がないと事実が判明しにくい。また、発信源を突き止めるのも難しい状況である。
    情報の授業時に、チェーンメールの取扱いや情報モラルの指導を行っているが、特定の生徒を誹謗・中傷したメールのチェーンメール化を防ぐ具体的な手立てがないのが現状である。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.