教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
携帯電話・電子メール関係



チェーンメール5

高等学校での事例
【被害状況】
  • 特定の生徒を「知っている?○○ちゃんは、○○だよ」といった誹謗・中傷する電子メールが校内で出回った。本人より相談を受けた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒からの相談
  • 発生日時:
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
チェーンメールを転送した生徒への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:
  • 対応方法:
    ささいなことをきっかけとしたグループ同士の喧嘩から、ある生徒をターゲットとしたいやがらせのメールであることがわかった。メールを発信、転送したと思われる生徒に話しを聞いたところ転送の確認がとれた。誹謗・中傷のチェーンメールは、モラルの面からやってはいけないことを指導した。
    また、メールを受け取った生徒のなかには、事実でない内容を事実として信じている状況もあり、インターネットを利用したWebサイト、メールからの情報については、すべてが正しい情報ではないので、きちんと事実を確認することが必要であることをあわせて指導した。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.