教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
個人情報・学校情報関係



なりすましによる個人情報の聞き出し

中学校での事例
【被害状況】
  • 生徒宅に、PTAを装って他の生徒の電話番号を聞きだそうとする電話があった。不審に思った生徒は他の生徒の電話番号を教えなかった。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のセキュリティ対策
  • 連絡網はクラス全員の連絡先を記載せず、必要最低限の連絡先を記載している。
【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒からの申し出により判明した。
  • 発生日時:平成16年
  • 発見日:生徒の家に電話がかかってきた翌日
  • 事実確認:
【被害への対応】
教職員の対応
  • 対応日:生徒から申し出があった当日
  • 対応担当者:全教員
  • 対応方法:
    職員会議で事実を周知し、生徒にPTAを装って電話があった場合には学校に連絡するように指導するよう確認を行った。
生徒への対応
  • 対応日:職員会議で確認をした翌日
  • 対応担当者:担任教員
  • 対応方法:
    他の生徒の電話番号を聞きだすような電話がかかってきた場合には、自分の判断で答えるのではなく、「学校に問合せをしてください」と返答するように指導した。
【今後の対策と効果】
  • 現状、クラスの緊急連絡網は作成しているが、クラス全員の電話番号は記載していない。しかし、緊急時に連絡網がうまく機能しなかった事例も発生していて、現在も連絡網のあり方を検討している。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.