教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

被害・事故事例編
掲示板・チャット関係



掲示板への不適切な書込み被害17

高等学校での事例
【被害状況】
  • 掲示板に生徒の実名を明記した上で、その生徒を誹謗・中傷する書込みが記載されていた。
  • 誹謗・中傷の書込みをされた生徒は精神的にショックを受けていた。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:書込みをされた生徒からの相談により判明した。
  • 発生日時:平成17年5月頃
  • 発見日:平成17年5月頃
  • 事実確認:
【被害への対応】
書込みをされた生徒への対応
  • 対応日:相談があったその日
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    掲示板の書込みは学校から削除依頼を行うことを伝え、しばらく様子を見ることにした。
掲示板への対応
  • 対応日:平成17年9月頃
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    生徒からの相談を受け、すぐに当該の掲示板の確認を行った。
    学校のパソコンはWebフィルタリングを導入しているため早急に該当の掲示板を確認することができなかったので、情報担当教員の自宅のパソコンを利用して掲示板の確認を行った。
    書込みを確認し、掲示板の削除方法を確認した上で、学校の代表電子メールアドレスから掲示板運営者にメールにて削除依頼を行った。
    数日後、掲示板の書込みが削除されたことを確認した。
    なお、書込みをした人物の特定はできなかった。
【今後の対策と効果】
  • 誹謗・中傷の書込みが削除されてから該当の掲示板での書込みが沈静化し、生徒を誹謗・中傷する書込みは確認されていない。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.