教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
携帯電話・電子メール関係



振り込め詐欺への注意喚起

中学校での事例
【被害状況】
  • 架空請求メールが横行しており、高校の受験時期を控え、振り込め詐欺の被害の発生が想定されたので、手口を記載したプリントを配布し、注意を喚起した。
  • 幸いなことに、振り込め詐欺の被害は発生していない。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:教育委員会から振り込め詐欺についての注意を促す文書が届いた。
  • 発生日時:平成17年1月
  • 発見日:平成17年1月
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:平成17年1月
  • 対応担当者:担任教員
  • 対応方法:
    想定される振り込め詐欺の手口等を記載したプリントを配布し、生徒に注意を促すとともに、保護者に手渡すように連絡した。あわせて、架空請求メールやフィッシングメールについても横行しているので、この手のメールが届いても、すぐに対応せず、無視するように指導した。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.