教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
携帯電話・電子メール関係



巧妙な呼び込みメール

専門学校での事例
【被害状況】
  • 特に被害はないものの、学生から最近の迷惑メールの手口として以下のようなメールが届いた旨、情報提供された。
    件名:アドレスの確認お願いします (*^-^)
    内容:
    彼女さんへのメールなのかな?? 間違ってメールが届いてるみたいですよ… 私の携帯宛てに届いてたんですけど、パソコン からお返事させていただきました。でわでわ〜

    +---------------------------------+
    チヒロ
    e-mail【***********@yahoo.co.jp】
    +---------------------------------+

【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:生徒からの情報提供。
  • 発生日時:平成16年9月
  • 発見日:同日
  • 事実確認:同日
【被害への対応】
学生への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:担当教員
  • 対応方法:
    うっかり自分が間違いメールを出したと勘違いし、相手のメールアドレスにメールを送ると宣伝メールなどが届くようになることが予想される。
    このため、こういった身に覚えのないメールなどや少しでも疑問を感じたメールには、極力慎重に対応するよう指導した。
【今後の対策と効果】
  • 今後とも不審なメールについては、徹底的に無視することを指導する。
  • ささいなことでも構わないので教員に連絡するようにあらためて指導した。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.