教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
携帯電話・電子メール関係



フィッシング詐欺やワンクリック詐欺への指導

高等学校での事例
【状況】
  • フィッシング詐欺やワンクリック詐欺の被害が新聞報道などで大きく取り上げられており、生徒がフィッシング詐欺やワンクリック詐欺等の被害にあわないための指導を行っている。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【経緯】
  • 発見方法:
  • 発生日時:
  • 発見日:
  • 事実確認:
【対処方法】
生徒への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    Webサイトや雑誌、教員が自宅でアクセスしたフィッシング詐欺やワンクリック詐欺を試みようとするサイトの画面を印刷物として配付してフィッシング詐欺やワンクリック詐欺への注意を促している。フィッシング詐欺に関しては、個人情報を安易に入力しないこと、個人情報を聞き出そうとするメールが届いても無視することを指導している。また、万一メールに記載されているURLをクリックしても、個人情報を入力しないように指導している。ワンクリック詐欺に関しては、一度クリックしただけで料金が請求されても、安易に支払いに応じずに、教員や保護者に相談するように指導している。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.