教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
個人情報・学校情報関係



Webサイトによる情報公開2

高等学校での事例
【状況】
  • 学校の情報をWebサイト上で公開している。在校生、在校生の保護者、進学希望者、地域住民の方々などに学校の様子を伝える情報を公開していく予定でいるが、Webサイトに対応する教員が限られており、Webサイトの作成に時間がかかっている。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
  • Webサイトに掲載している情報は、教育委員会が定めているガイドラインに則り、生徒の氏名や顔を識別できる画像は公開していない。
【経緯】
  • 発見方法:
  • 発生日時:
  • 発見日:
  • 事実確認:
【対処方法】
Webサイトによる情報公開の課題点
  • 対応日:
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    現状、Webサイトの企画・更新は情報担当教員2名で担当している。
    Webサイトで情報公開すべき内容や生徒情報の取り扱い方など、学校に所属する多くの教員で議論していきたいが、教務や校務が多忙であるとの理由からWebサイトに意識を傾ける教員がいない。
    インターネット環境が整備され、学校においてもWebサイトでの情報公開が求められているので、教員間で多くの議論ができるようにするための取り組みを検討している。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.