教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
個人情報・学校情報関係



生徒情報(個人情報)のWebサイト上での管理対策6

2005/11/19掲載

高等学校での事例
【被害状況】
  • 学校の情報公開が積極的に求められているなかで、Webサイトを用いた情報公開は有効な手段と認識している。
  • 在校生の保護者からは、年々、わが子が参加している学校行事やクラブ活動の情報公開を求める要望が多くあり、求めに応じて教員、部活動顧問らが学校の公開基準にあわせてWebサイトの更新をしているところである。
  • ところが、保護者からは「自分の子どもが画像に写っていない」などの画像悪用の恐れや安全性の認識不足による無理な要望もあり、これに対応する形で一部の顧問や保護者がクラブ専用のWebサイト構築、さらには学校Webサイトとのリンクを検討しはじめる動きもあり、対応に苦慮している。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:
  • 発生日時:平成17年
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
情報公開への対応
  • 対応日:平成17年
  • 対応担当者:
  • 対応方法:
    特定のクラブ活動で保護者からの要望ということで学校のWebサイトとの切り分けは、あることになるが、生徒を危険に晒さないというスタンスに変わりはないため、学校の公開基準内で情報提供を行っている考え方を堅持せざるをえない。
【今後の対策と効果】
  • 今後も慎重な情報公開の理解と指導を行っていく。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.