教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
個人情報・学校情報関係



生徒情報(個人情報)のWebサイト上での管理対策3

高等学校での事例
【被害状況】
  • 学校のWebサイトに教員と生徒が作成した情報を掲載している。Webページを公開する際は、教育委員会が定めているガイドラインをもとに、生徒の顔写真や氏名などの個人情報を公開しないようチェックしている。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のパソコン環境
  • パソコン教室のパソコンはインターネットに接続できるが、教育委員会ネットワークのフィルタリングを通ったWebサイトのみ閲覧できる。
校内のセキュリティ対策
  • Webページの掲載情報をチェックする体制として、校内にコンピュータ委員会を設置している。
  • 生徒がWebページを作成し公開する場合は、教員が内容の確認及び公開作業を行うようにしている。
【発見の経緯】


【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    Webページ作成の授業時に、著作権やネチケットの指導を行い、あわせて校内ルールについても紹介している。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.