教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
個人情報・学校情報関係



生徒情報(個人情報)の管理対策11

高等学校での事例
【被害状況】
  • 個人情報保護法の全面施行や個人情報の悪用もあり、学校においてもさまざまな場面で生徒個人の情報の取扱いの見直しに迫られている。学校内に設置してある掲示板に掲示する情報のうち、生徒の個人情報を扱う場合は、取得した情報の利用目的の範囲を超えないようにしている。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:
  • 発生日時:平成17年
  • 発見日:平成17年
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:平成17年
  • 対応担当者:各学年の教員
  • 対応方法:
    校内に設置してある掲示板に定期試験結果・大学合格者情報・資格取得者情報など個人の情報を扱う場合には、利用目的や掲載期間を生徒に説明し、生徒に掲示の意思確認をしてから情報を掲示している。
    意思確認時に掲示することについて拒否した生徒の情報については、掲示板への掲載を行っていない。
【今後の対策と効果】
  • 現在は、学年毎に学校内の掲示板に掲示すべき情報か否かを判断しており、個人情報の取扱いにずれが生じているので、学校全体として高いレベルで個人情報を扱う仕組みが必要と考えている。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.