教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
講習会・授業関係



インターネット安全利用の特別授業1

小学校での事例
【被害状況】
  • 携帯電話やインターネット利用についてのさまざまな事件・事故が社会問題化しつつあるなかで、児童への安全教育・指導が学校としての課題となっている。
  • 保護者からの関心も高く、安全教育実施の要望も寄せられている。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:
  • 発生日時:平成17年9月
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:平成17年9月
  • 対応担当者:
  • 対応方法:
    総合学習の時間に安全教育を行った。
    対象:4〜6年生の全児童および保護者
    実施形式:体育館における集合実施。保護者は希望者・参観形式。
    時間:1時限45分間。保護者向けに児童向け安全教育終了後、20分程度最新の話題と安全のための考え方を講義。
    内容
    1. パソコンや携帯電話でインターネットを安全に活用するために
      1. パソコンでできること 携帯電話でできること
      2. インターネットでできること
      3. インターネットでできないこと
      4. 注意しておくこと−インターネットの世界とは−
      5. 電子メールの注意事項
      6. 電子掲示板・チャットの注意事項
      7. ホームページの注意事項
      8. 自分のホームページの注意事項
    2. 最近の話題・質疑応答など
    講師:NPO情報セキュリティフォーラム
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.