教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
講習会・授業関係



情報モラル指導4

高等学校での事例
【被害状況】
  • 生徒は授業時や放課後に学校のインターネットに接続しているパソコンを利用できるので、生徒一人一人がインターネット上のモラルやマナーを守って利用するように指導する必要がある。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
校内のパソコン利用状況や利用形態
  • パソコン教室のパソコンは放課後に生徒が自由に利用できる。
【発見の経緯】
  • 発見方法:
  • 発生日時:4月〜5月
  • 発見日:
  • 事実確認:
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:4月〜5月
  • 対応担当者:情報担当教員
  • 対応方法:
    情報の授業において情報セキュリティや情報モラルについては、できるだけ早い指導が必要であるとの認識のもと、年度の早い時期の4月〜5月にかけて実施している。
    パソコン教室を放課後に開放しているので、パソコン教室の利用ルールと利用マニュアルを学校独自に作成し、生徒に配布し、ルールを守って利用するように指導している。
【今後の対策と効果】


目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.