教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
講習会・授業関係



情報モラル指導1

小学校での事例
【被害状況】
  • 長崎県佐世保の小学校6年生児童殺傷事件発生後、事件と同学年である6年生に対して、情報モラルの特別授業を実施した。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】


【発見の経緯】
  • 発見方法:
    事件の影響を考慮し、児童に情報モラルの指導をする必要があると判断した。
  • 発生日時:事件報道から2週間後
  • 発見日:平成16年6月1日
  • 事実確認:
【被害への対応】
児童への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:担任教員
  • 対応方法:
    事件を起こした同学年である6年生に対して、情報モラルについての授業を実施した。
    報道されている内容をもとに、掲示板・チャット・電子メールなどネットワークでのコミュニケーションについての問題点や注意点を確認した。
【今後の対策と効果】
  • 特別授業を実施することで、児童のインターネットの利用状況が把握できた。
  • 今後も継続してモラル教育が実施できるよう検討している。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.