教育現場における情報セキュリティ事故・対応事例集

対策・指導事例編
掲示板・チャット関係



チャットの利用指導

高等学校での事例
【被害状況】
  • 放課後、チャットの運営者から学校に連絡がはいった。IPアドレスをもとに、発信元をつきとめ連絡したもので、チャット上、不適切な発言が学校より繰り返しあるとのことであった。
【学校のコンピュータ環境・利用状況・セキュリティ対策など】
学校のコンピュータ環境・利用状況
  • 休み時間、放課後ともコンピュータ室のパソコンは自由に利用できる。
【発見の経緯】
  • 発見方法:チャット運営者からの電話連絡。
  • 発生日時:
  • 発見日:
  • 事実確認:チャット運営者からの電話連絡後すぐ。
【被害への対応】
生徒への対応
  • 対応日:
  • 対応担当者:担当教員
  • 対応方法:
    教員がチャットをしている現場を見つけ、ただちに生徒にチャットをやめさせた。
    また、チャット利用についてのマナー説明を行い、後日、校内でのチャット利用の禁止措置をすることとした。
【今後の対策と効果】
  • その後、チャット利用についてのトラブルは起こっていない。
目次へ戻る

Copyright©2007.NPO ISEF All rights Reserved.